読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にも出来た労働審判~子羊の日記~もう泣き寝入りはやめよう

パワハラで人生初の裁判をするに至った経緯・経験を綴って行こうと思います。

労働審判 第一回目

先方から答弁書が前日に届き、弁護士と午後9時まで打合せをしていた。
陳述書は私へのクレームの塊で、一気に滅入る。
しかも、弁護士が変わり、私の申し立てをよく読んでいないようでダブルで不安に陥る。

答弁書もよく理解しないまま審判へ…
私は誰を頼って良いのだろうと不安になる。

反論はすべて、私に対する偽装の内容。
証拠は従業員の陳述書のみ。

審判員より、勤務成績不良など、具体的に時系列での提出をお願いされる。
相手方弁護士、少し動揺する。

裁判官より、次回審判日の日にちの打診。
相手方弁護士、もう少し時間を…ということで、約2ヶ月後に決定!
思ったより遅く、動揺したが承諾してしまう。

凄く不安です。

今日、弁護士に不安の胸中メールした。