読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にも出来た労働審判~子羊の日記~もう泣き寝入りはやめよう

パワハラで人生初の裁判をするに至った経緯・経験を綴って行こうと思います。

労働審判 記録の書き方

カウントダウン4日目
先方からの連絡が明日来るのだろうか?
ま、来ても来なくてもいいという気持ちになってきた。
肝心なのは7月7日だからだ。

待っている間のブレイクということで、今日は昨日も触れた記録の書き方をについて説明したい。

まず1冊のノートを用意する。
題名に○○会社 パワハラ日記と記入する。
そして時系列で○月○日 ○時頃と出来事の場所を記録しておく。
これが結構重要になる。
事実関係を客観的にする。
そして、どういう流れで誰に何をどんな表情・様子で言われたのかも書いておこう。
あとその時の自分の気持ち。
ICレコーダーからは表情・態度が読み取れないので有効です。
事実関係がはっきりして、よりよい証拠となります。
先方のデタラメなつじつま合わせの反論を封じ込ませる事が出来る。

私ももっと細かに記録しておけば良かったと、審判の資料作っているとき思った。

あと、手帳を持ち、それに細かい出来事を記入しよう!!
時系列が大事です。
○月○月○時 出来事
これが裁判の材料になります。

労働審判 大事なのは証拠と記録

カウントダウン5日目
やはり何も手につかない…
今日はpadで答弁書が届かないとという事態を調べている。
答弁書が届かないと、反論の書類が出せないからだ。
弁護士ドットコムで質問すると、2回目の審判で反論するとすべしと回答された。
しかし、私は1回で解決したいんだよ!
もう縁を切り、夏に向けて気持ちを切り替えたい。

色々調べる中、見つけたブログがあった。
圧倒的に有利な人でも眠れない夜を過ごしたという。
私も申し立てするまで、また申し立てをし向こうに呼び出し状が届くまでの間、睡眠薬を何度か飲んだ。
ほんと眠れないのだ。

これが裁判だとするともっと辛いだろう…
1年なんて、ストレスを考えただけで泣き寝入りしそう。
この労働審判制度はその事を考えると、民事訴訟に比べていい制度だと思う。
証拠さえ揃えれば訴える事が出来る。
ICレコーダーと日記、この二つがとても大事。

私はそれから何でも書き留めるようになった。
後々ひょっこり役に立つときがある。
文章は気持ちを記録する。

労働審判 答弁書届かず

カウントダウン6日目
答弁書全く届かず!やる気あんのか?
弁護士も体調不良で変わったし…異邦人的な気分。
しかし、答弁書届かないということは、「時は満ちつつあるのでは?」という友人のメールにほっとはする。
しかし、今日の私のブログを見ている人が100人超えていた!!
これは驚き(@ ̄□ ̄@;)!!

私の弁護士からは連絡こないし、弁護士ドットコムで相談する。
3人もの弁護士さんが回答してくれた。

弁護士さんの回答は以下の通り

答弁書が期日に間に合わないというのは考えにくい。下手すればそのまま結論が出てしまう可能性もあるため。

②顧問弁護士が会社が有利な情報ばかり集めるとは限らない。企業スタンスやその他の事情によっては中立的な対応をする場合もあり。

③会社にも落ち度があるので支払いには応じるが,こっちについては対応できない等とする場合も稀にあり。

事情聴衆はブラック企業独特の都合のいい人から事情聴衆するわけではないらしい。
少し安心した。
皆が皆、私が仕事してないと評価しているわけではないと思いたい。

労働審判 答弁書届かず

カウントダウン7日!
いよいよ1週間を切った。
今日は答弁書到着の期日だが、一日待ったが弁護士からは何も連絡がこない。

期日にこないというのは、てこずっていると思いたい。
余裕だったら、顧問弁護士いるから今日届くでしょう。

全く相手の出方がわからないが。

明日の出方をみるしかない。

今日気を紛らせるために、出掛けたら会社の人をみた。
向こうは気がついたかわからないが、みないふりされた。

私は多分、会社では闇に葬られたのだろう。
今は全くの異邦人。
来週には決着がつく!!
はやく決着つけたい。
会社の腐ってるしがらみから解放されたい。

労働審判 の予習

来週の審判までカウントダウン8日
あと1週間で労働審判だ!!

今日は、弁護士さんと話した内容復習してます。
打合せの内容も録音してたので、凄く参考になります。
向こうから答弁書はまだ届きません。
明日届かないと、結構厳しいでしょう。
でも、顧問弁護士ついてるから明日には届くはず。
そうでなければ、裁判官の心証も悪くなってしまうらしい。

さすがに昨日は眠れなく、久々に薬を飲んだ。
漢方の睡眠薬はやはり効き目がない(>_<)。

就活は全く手につかない。
労働審判してるひとで、就活してる人って凄いと思う。
労力が掛かるので、とても就活で爽やかな印象付けなんて私は無理だと思う。

とにかく今は前に進めない。

労働審判審判 今日は何もしたくない

カウントダウン9日目
いよいよ労働審判まで二桁切った。
来週には労働審判が開催される。
少し緊張してきた。
こんなことになってしまった事に…後悔少し。
なるべくなら、このような揉め事とは無縁になりたかった。

でも、三船美佳も裁判終った後、
「本当は揉め事嫌いなんですよ~」と言っていた。
私だって揉め事嫌いではないが…裁判沙汰は避けたい。

裁判起こしていい!!と向こうは言った。
私はそんな脅しをいう事だけはしたくない。
結局それが自分の首を閉めることになってしまう。

だけど、審判まで何も手につかない一日だった。

労働審判前の就活について

今日は履歴書を書こうと思い、図書館に来ています。

ネットで労働審判に事等を調べて、いま、書こうとしたのだが、気が乗らない。

もう働きたくない想いが強い!!

面倒だし、ブラックかどうか見極めるのも面倒なのが本音。

で、ネットで検索していたら、労働審判をやった人で起業した人のブログをみた。

相手方からの解決金・労働審判の経験等から起業を思い付いたそうだ。

会社務めでは自分の力が発揮できないのが理由らしい。

私もこの経験を無駄にはしたくない。

 

ずっと落ちていた気持ちだったが、今日ネット検索で労働審判は企業に不利という記事を見つけて、少し落ち着いた。

 

解決金がいくらになるのかはわからないが、次のステップに生かせるよう考えなければならない。

この経験を無駄にはしたくない…その思いだけだ。